• Home
  • /
  • 採点精度の重要性

採点精度の重要性

採点精度の重要性

ミスの無い確実な集計

主に選択式問題で使用する解答用紙に用いられ、印刷された楕円や囲み枠を筆記具で塗りつぶして使用する、マークシート。その後塗りつぶされた箇所は、マークシート読み取り装置「OMR」で読み取られ、コンピューターで集計されます。

マークシートは主に受験者数が多く、限られた時間内に集計を行わなければならない場合に用います。例えば公務員試験、大学入試センター試験などの入学試験、運転免許などの資格試験、採用試験における適性検査、公営競技の投票券、数字選択式の宝くじやスポーツ振興くじの購入、電子投票など。つまりは、採点精度がとても重要であるということです。

教育ソフトウェアのマークシートは、読み取り精度99.99%以上。同社は、確実な読み取りと記入しやすいマークシートを提供し続けています。

そしてマークシートは、OMRという専用装置で読み取って初めて高精度を発揮します。ミスの無い確実な集計を実現させるためには、専用機であるOMRが必須です。

迅速な自動採点処理

マークシートを使えば、集計ソフトに正解と配点情報を登録しておけば、あとはOMRで読み取るだけ。迅速な自動採点処理が可能です。集計は電算処理しますので、手動採点時のような単純ミスは起こりえません。

OMR自体も搬送ムラが起きにくい高度な設計がされていまして、万が一用紙の搬送中に重送や斜め送りが発生した場合は、センサが働き停止しますから安心です。

記述式のアンケートに比べ、手軽に回答できるマーク方式のアンケートは回収率があがります。そしてソフトウェアの機能により、学力分析、統計分析などが容易です。

マークシートを導入すれば採点処理を短縮でき、採点結果をすぐにフィードバックできます。採点結果をその日のうちに返却すれば、学生の学習意欲の向上にもつながるかもしれません。

以上のようなマークシートのメリットは、マーク位置が正確に設計されているマークシートを読み取り背の雨季であるOMRで正確に読み取ってこそ、得られるメリットです。